私のなかの看護師さん

子供の頃、お母さんが看護師をやっている子がなんとなくうらやましかった。やさしそうというよりも、すごくしっかりした職業婦人という感じがして、かっこいいなあと思っていた。

学校に予防注射のときなどに来る地元の看護師さんが、同級生のお母さんだったりして、「あー〇〇ちゃんのおかあさんは頼りがいがあっていいなあ」などと思ったりしたものだ。自分の母親が頼りがいのない人だったわけではないのだが。
とにかく注射器を扱う姿とかがとてもプロフェッショナルな感じがしてかっこよかったのだろう。

同級生の何人かが看護師になって、まあ過酷な話を聞いている。お給料はいいのか悪いのか聞いたことがないので、わからないが、なんとなく保育士さんみたいな感じなのかなと思っている。

女性が一生できる仕事という意味で、保育士さんとか看護師さんとかは尊敬するし、すばらしい仕事だと思う。それなのに保育士さんは給料が安く、看護師さんは忙しいし夜勤もあるしとにかく大変なのにそれに見合ったお金をもらっている気配がない。

いや、本当のところは知らないけれど。とにかく報酬のわりにはとても苦労が多そうな仕事というイメージだ。

白衣の天使ともいわれる看護師の仕事だけど、やっぱり実際は重労働だし、力仕事の場面も多々ある。だからやっぱり身近な看護師さんといえば、華奢な人というよりは、白衣から力強い腕と脚を見せ、いつでも必要な時に助けに来てくれる頼りがいのある強くてやさしい女性という感じがする。

そんな母を見てきたという事もあってか、私も看護師になりたいと小さいころから思っていました。そして、看護学校に入り、無事看護師の免許を取得することが出来ました。

毎日忙しくて大変だけど、やりがいのある仕事なので日々頑張っています。

ちなみに、最近は男性の看護師も多くなってきているんですよ。うちの病院にも多くの男性看護師がいます。

男性看護師求人もたくさん出ているので、男性の方も看護師を目指してみてはいかがでしょうか(^^)/

カテゴリー: 未分類 | コメントする